花澤香菜 ざらざら 歌詞

花澤香菜 ざらざらの歌詞を提供しています。 『ざらざら』とは花澤香菜さんが2016/11/30に発売された楽曲です。

ざらざら 歌詞

曲名:ざらざら

発売日:2018/3/4

歌手:花澤香菜

作詞:花澤香菜

作曲:花澤香菜

ねぇ
「あなたが泣く夢を見た」なんて
可笑しくって 哀しくもなった

ざらざらした この胸の砂は
他の誰に つかめるのだろう

ひとりの夕陽は
毒のように 甘く
じわじわ痺れてく

何もかも
とたんに うまくできないな
重く深く 沈む時間
今はただ ずしんと空いた穴ぼこに
あこがれの種
こぼれ落ちていくさまを
じっと見てる

せつなくなればせつなくなるだけ
くやしいけど 生きてるって思う

ざらざらした 思い出の砂は
でもどこかで 守ってくれてる

ひとりのコーヒー
飲み込む味は苦く
喉の奥が熱い

何もかも
言葉になればいいのにな
茜色の本を かざす
今はただ 気ままに踊る文字たちの
匂い感じて
ほんとか嘘かも知らない
景色見てる

何もかも
とたんに うまくできないな
重く深く 沈む時間
今はただ
ずしんと空いた穴ぼこに
遠い空から
激しい雨が降るのを
じっと待ってる

やさしい花が咲くのを
ずっと待ってる

花澤香菜とざらざらと歌詞について

以上が花澤香菜 ざらざらの歌詞です。

  • 花澤香菜の楽曲一覧はこちらから
  • ざらざら関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

花澤香菜 ざらざらの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。