新山詩織 四丁目の交差点 歌詞

新山詩織 四丁目の交差点の歌詞を提供しています。 『四丁目の交差点』とは新山詩織さんが2016/11/30に発売された楽曲です。

四丁目の交差点 歌詞

曲名:四丁目の交差点

発売日:2018/3/4

歌手:新山詩織

作詞:新山詩織

作曲:新山詩織

四丁目の交差点 待ち合わせて
いつものコンビニ おにぎり買って…
午後4時前 そんなストーリー
思い描いてたけれど

あなたは いつでも
足早に去ってしまうから
追いつけない 心だけ

ペダルを踏み込めば 想い溢れてゆく
木漏れ日がやけに 心をじらしてくる
細い路地 小さな坂道も全部
ずっとひとり
あたしだけの片想いみたいだね

赤チェックのスカート 揺らしながら
おしゃべり絶えない 女の子たち横目に
午後4時過ぎ 渋谷の街
今日もまた ひとり歩いてた

あの娘たちみたいに
何の隔たりも無く話せていたら
ねえ 変わってたのかな

「あたしには似合わない」と笑い飛ばしてた
二文字の言葉 何度も繰り返してみる
あの日々はもう 古いアルバムのなか
今更遅いのに 分かってるのに

お互いに素直になれなかっただけ
不器用なふたりが 重なってしまっただけ
あの頃はまだ 未来も知らずに
精一杯の心で 繋いでた

ペダルを踏み込めば 想い溢れてゆく
木漏れ日がやけに 心をじらしてくる
細い路地 小さな坂道も全部
たったひとり
あたしだけの片想いみたいだね

新山詩織と四丁目の交差点と歌詞について

以上が新山詩織 四丁目の交差点の歌詞です。

  • 新山詩織の楽曲一覧はこちらから
  • 四丁目の交差点関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

新山詩織 四丁目の交差点の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。