てちねるゆいちゃんず(欅坂46) 夕陽1/3 歌詞

てちねるゆいちゃんず(欅坂46) 夕陽1/3の歌詞を提供しています。 『夕陽1/3』とはてちねるゆいちゃんず(欅坂46)さんが2016/11/30に発売された楽曲です。

夕陽1/3 歌詞

最後のチャイムが鳴り終わり
(なんとなく)
階段登って 誰もいない場所まで
(一人きり)

校舎の屋上 風の中
(ぼんやりと)
錆びた手すりの上で頬杖ついてた
(地平線)

遮るもの 何もないから
込み上げる感情に正直になれるんだ

夕陽 1/3
沈み始めて
なぜだろう 涙溢(あふ)れる
空が赤く染まるその一瞬は
今日という日の独り言
どんな幸せも悲しみもすべて
少しずつ暗闇に消える

ここから見下ろす校庭は
(ただ広く)
部活が終わって帰る影の俯瞰図
(寂しいね)

長めのマフラー 巻き直し
(肌寒い)
低い一番星をあそこに見つけた
(雲の横)

誰からも邪魔をされずに
考え事しながら この景色眺めてた

夕陽 1/3
まだ残ってる
止まらない 頬の涙
全部 やりたいことできなくても
こんなキレイに終わりたい
時間(とき)はまた次の星空を連れて
新しい思い出を作る

人は皆 何か見送り
今日よりもいい明日(あす)が来ることを信じてる

夕陽 1/3
沈み始めて
なぜだろう 涙溢(あふ)れる
空が赤く染まるその一瞬は
今日という日の独り言
どんな幸せも悲しみもすべて
少しずつ暗闇に消える

てちねるゆいちゃんず(欅坂46)と夕陽1/3と歌詞について

以上がてちねるゆいちゃんず(欅坂46) 夕陽1/3の歌詞です。

  • てちねるゆいちゃんず(欅坂46)の楽曲一覧はこちらから
  • 夕陽1/3関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

てちねるゆいちゃんず(欅坂46) 夕陽1/3の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。