TOUYU リベラ 歌詞

TOUYU リベラの歌詞を提供しています。 『リベラ』とはTOUYUさんが2016/11/30に発売された楽曲です。

リベラ 歌詞

曲名:リベラ

発売日:2018/3/4

歌手:TOUYU

作詞:TOUYU

作曲:TOUYU

身体を糸に繋いで操ってしまいたい
私はいつも不完全を謳歌している
見えない壁を恐れて手探りで一歩
どこまでも続く隘路に迷い込んだようだ

揺蕩う思いを少しでも突いて
ふいに転んで傷を付けて
支えていた手のひらが
今も波打つ水に映る

この先何年でも枯れない思いは
私をずっと人間たらしめるから
胸の奥深く誰も見えない箱へ
今だけは全て忘れさせて
思い出に壊されてしまうから
仄暗い空蠱惑に彩る

頭を過る言葉はふうせんのように
手を離せばもう色すら思い出せない

重ねてきた傷だらけの哀
剥き出した灰色の情景
それでもまだ軋む寄る辺
今も飽くまで此処に縋る

暮れ泥む空と踊る調べ
十字路で光り続けているのは
嫌うことを恐れているだけ
止まらない涙が溢れても
胸の空洞に吸い込まれないで
いつまでもそのままでありたい

これ以上にないほどに尊い
落としたものも数知れない
それでも知ってしまったんだ
他でもない自分のことを

ありふれたものは何処にもない
知れば知る程全てが難解で
何もかも捨ててしまいそうになる
今だけは全て忘れさせて
きっと忘れることなんて出来ないから
見えることのない光を望んだ

この先何年でも枯れない思いは
私をずっと人間たらしめるから
胸の奥深く誰も見えない箱へ
今だけは全て忘れさせて
思い出に壊されてしまうから
私のことだけを見つめて

TOUYUとリベラと歌詞について

以上がTOUYU リベラの歌詞です。

  • TOUYUの楽曲一覧はこちらから
  • リベラ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

TOUYU リベラの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。