TOUYU Delusion Girl 歌詞

TOUYU Delusion Girlの歌詞を提供しています。 『Delusion Girl』とはTOUYUさんが2016/11/30に発売された楽曲です。

Delusion Girl 歌詞

曲名:Delusion Girl

発売日:2018/3/4

歌手:TOUYU

作詞:TOUYU

作曲:TOUYU

日々を淡々と生きてきた
人に言えないような嘘もついてきた
仮面に化粧をして笑うよ
生きる為に今日も自分を殺すんだ

機械声が鳴り響くホーム
我先に並ぶ人の波にのまれ
白線の外側へ小さな女の子が落ちていった

目にも留まらぬ速さで走る
午前8時迎えて荒ぶる地下鉄日比谷線

飛び出し注意振り払って白線を超えた
たかが他人の命をこの手で救うために
自らの命すら顧みないヒーロー
そんな妄想もラッシュアワーにかき消えて行く

毎日ミルクをあげていた
猫が車に轢かれ死んでいた
別に悲しくなんてなかった
だけど涙が溢れそうになる

所詮こんなものただの偽善だ
この亡骸と僕は一体何が違うのだろう

見て見ぬフリをしてずっと生きてきた
助けを請う友達や猫、家族や恋人でも
仕方ないよそれが世の中なんだって
全て諦めてきたんだ
でも、もう

機械声が鳴り響くホーム
我先に並ぶ人の波にのまれて
白線の外側へ小さな少女が落ちていった

これは現実だ妄想じゃない
午前8時迎えて荒ぶる地下鉄日比谷線

飛び出し注意振り払って白線を超えた
たかが他人の命をこの手で救うために
自らの命すら顧みないヒーロー
宙に浮いた瞳で少女が笑う顔を見る
そんな現実もラッシュアワーにかき消えて行く

TOUYUとDelusion Girlと歌詞について

以上がTOUYU Delusion Girlの歌詞です。

  • TOUYUの楽曲一覧はこちらから
  • Delusion Girl関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

TOUYU Delusion Girlの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。