TOUYU E=F 歌詞

TOUYU E=Fの歌詞を提供しています。 『E=F』とはTOUYUさんが2016/11/30に発売された楽曲です。

E=F 歌詞

曲名:E=F

発売日:2018/3/4

歌手:TOUYU

作詞:TOUYU

作曲:TOUYU

放物線を描いて地面に落ちる
ぬくもりなんてものとうの昔に捨てた
からからと音を立て転がっていく
敷かれたレールには誰も逆らえない

からっぽの身に巻かれた輝くラベル
行先失ってもまだ止まらない

役割を終えてどこへいくの
3Rの輪から抜け出して
青白い中空降り注いだ陽射し
何も無い体を無様に曝される

放物線を描いて吸い込まれていく
屑篭に捨てられた仲間の行方
さざめきが連れてきた騒がしさに
身体を蹴り飛ばされ見知らぬ場所へ

流せる水滴すらもうないのです
私に足があるのならその輪の中に

道端に佇んだ姿
名前も知らない花のよう
風が吹き荒み雨が降り出したら
満ち足りぬ身体が赤黒く錆びる

知らないひとに蹴られて何処かに飛ばされていても
景色も揺らぐ熱を口に押し付けられていても
止まない雨に打たれて身体がどれだけ錆びても
作られたこの存在に意味があるのならば

それでいいそれだけでいい
ただひとひらの意義さえ持てるのなら
ああ、しあわせなの

灰で濁った水で満たされても
赤黒いラベル輝かせる
届かないこの想い出は
名前なんて知らない花のように散った

役割を終えてどこへいくの
3Rの輪から抜け出して
青白い中空降り止まない陽射し
からっぽの身体で無様に生きていく

TOUYUとE=Fと歌詞について

以上がTOUYU E=Fの歌詞です。

お願い

TOUYU E=Fの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。