岩佐美咲 北の螢 歌詞

岩佐美咲 北の螢の歌詞を提供しています。 『北の螢』とは岩佐美咲さんが2016/11/30に発売された楽曲です。

北の螢 歌詞

曲名:北の螢

発売日:2018/3/4

歌手:岩佐美咲

作詞:岩佐美咲

作曲:岩佐美咲

山が泣く 風が泣く
少し遅れて 雪が泣く
女 いつ泣く 灯影(ほかげ)が揺れて
白い躰(からだ)がとける頃

もしも 私が死んだなら
胸の乳房をつき破り
赤い螢が翔(と)ぶでしょう

ホーホー 螢 翔んで行け
恋しい男の胸へ行け
ホーホー 螢 翔んで行け
怨(うら)みを忘れて 燃えて行け

雪が舞う 鳥が舞う
一つはぐれて 夢が舞う
女 いつ舞う 思いをとげて
赤いいのちがつきる時

たとえ 遠くにはなれても
肌の匂いを追いながら
恋の螢が翔ぶでしょう

ホーホー 螢 翔んで行け
恋しい男の胸へ行け
ホーホー 螢 翔んで行け
怨(うら)みを忘れて 燃えて行け

ホーホー 螢 翔んで行け
恋しい男の胸へ行け
ホーホー 螢 翔んで行け
怨(うら)みを忘れて 燃えて行け

岩佐美咲と北の螢と歌詞について

以上が岩佐美咲 北の螢の歌詞です。

  • 岩佐美咲の楽曲一覧はこちらから
  • 北の螢関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

岩佐美咲 北の螢の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。