はやぶさ 涙の子守唄 歌詞

はやぶさ 涙の子守唄の歌詞を提供しています。 『涙の子守唄』とははやぶささんが2016/11/02に発売された楽曲です。

涙の子守唄 歌詞

曲名:涙の子守唄

発売日:2018/3/4

歌手:はやぶさ

作詞:はやぶさ

作曲:はやぶさ

夢に見ました 今朝もまた
枕濡らして 目が覚めました
我が子の幸せ 祈って耐えて
可愛い盛りに 手放した
あぁ母と名乗れぬ 宿命(さだめ)でも
歌ってやりたい 子守唄

あの娘にだけは幸せになって欲しい。
逢いたい、でも逢ってはいけない…
せめて、あの子守唄だけは忘れないでいてくれますか…

そっとこの手に 抱き取った
母の喜び 忘れはしない
何歳(いくつ)になったと 指折り数え
逢えないつらさに 口ずさむ
あぁ遠い夕暮れ 路地裏で
背中に聞かせた 子守唄

ある日のことでした。どこで聞いたのか、
あの娘が突然私を訪ねて来たんです。
びっくりして何一つ気の利いた言葉もかけてやれず、
それどころか邪険に追い返してしまいました…。
でも本当は、あの娘を抱きしめてこう言ってあげたかった。
「綺麗になったね。どうかこれからも、幸せにね…」

かげで見送る 晴れの日の
目にもまぶしい 花嫁姿
尊い育ての 両親(ふたおや)様に
涙で両手を 合わせます
あぁこれが最後の 見納めと
心で歌った 子守唄

はやぶさと涙の子守唄と歌詞について

以上がはやぶさ 涙の子守唄の歌詞です。

  • はやぶさの楽曲一覧はこちらから
  • 涙の子守唄関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

はやぶさ 涙の子守唄の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。