瀧川ありさ 日々モノクローム 歌詞

瀧川ありさ 日々モノクロームの歌詞を提供しています。 『日々モノクローム』とは瀧川ありささんが2016/11/02に発売された楽曲です。

日々モノクローム 歌詞

曲名:日々モノクローム

発売日:2018/3/4

歌手:瀧川ありさ

作詞:瀧川ありさ

作曲:瀧川ありさ

駅に向かうまでの長い坂道
ゆっくり下る静かな街

君がいなくなって長くなるけど
街もわたしも変わらないよ
変われないよ

嬉しくて泣いたのは君のせいで
悲しくて泣いたのも君のせいだ

夕陽を撮るふりで君を撮ると
照れ笑い走り出したね

線路の前で警報機が鳴る
この急行が過ぎたら
向こうに君がいたらいいのに

どうして夕陽を見ても何も感じないよ
あの日も見たのに
どうしてあの曲聴いても何も思わないよ
虚しいんだよ

君がいないと日々は白と黒
新しい日々もなにもかもつまらないよ

大人になんかなりたくなくて
でも君と一緒ならいいと思ってた

おかげで夢に見る二人はまだ
あの日の若さのまま

路面に咲いたひまわりはずっと
あの太陽見つめるけどわたしの太陽は君だった

どうして誰と過ごしても上手く笑えないよ
みんな好きなのに
どうしても本当の自分がどれか分からないよ
おかしいんだよ

君と選んだ小さな花のイヤリング
枯れも散りもせず ただただ咲き続ける

こうしてこころはもう誰にもあげることないまま
今日がまた終わる

どうして夕陽を見ても何も感じないよ
あの日も見たのに
どうしてあの曲聴いても何も思わないよ
虚しいんだよ

君がいないと日々は白と黒
新しい日々もなにもかもつまらないよ

瀧川ありさと日々モノクロームと歌詞について

以上が瀧川ありさ 日々モノクロームの歌詞です。

  • 瀧川ありさの楽曲一覧はこちらから
  • 日々モノクローム関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

瀧川ありさ 日々モノクロームの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。