瀧川ありさ 17番地 歌詞

瀧川ありさ 17番地の歌詞を提供しています。 『17番地』とは瀧川ありささんが2016/11/02に発売された楽曲です。

17番地 歌詞

曲名:17番地

発売日:2018/3/4

歌手:瀧川ありさ

作詞:瀧川ありさ

作曲:瀧川ありさ

僕らが居た17番地
今ではもう知らない子ども達
君といつも待ち合わせた
あの居場所は知らぬ落書きだらけ

無くなっちゃった学校の校庭に
残されてたブランコ揺らしても
あの頃のように心は揺れない
バスに乗って知らない街へ逃げたくなったさ

悲しいなんて言えないよ
楽しそうなあなた見てると
ありもしない話重ねて
また知らないわたしが増えてく

僕は君をすべて知りたがり
待ち合わせた未来は放ったらかし
僕は君に何も伝えない
だからと言って何も聞いてこない君はわかってた

悲しいなんて言えないよ
楽しそうなあなた見てると
ありもしない話重ねて
また知らないわたしが増えてく

悲しいなんて言えないよ
楽しそうなあなた見てると
ありふれた笑顔重ねて
まだ知らない誰かと目が合う

さよならなんて言えないよ

そばにいてよ
僕のことを知ってるのは
君と17番地だけさ

瀧川ありさと17番地と歌詞について

以上が瀧川ありさ 17番地の歌詞です。

  • 瀧川ありさの楽曲一覧はこちらから
  • 17番地関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

瀧川ありさ 17番地の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。