ラブリーサマーちゃん 月の光り方 歌詞

ラブリーサマーちゃん 月の光り方の歌詞を提供しています。 『月の光り方』とはラブリーサマーちゃんさんが2016/11/02に発売された楽曲です。

月の光り方 歌詞

曲名:月の光り方

発売日:2018/3/4

歌手:ラブリーサマーちゃん

作詞:ラブリーサマーちゃん

作曲:ラブリーサマーちゃん

昼は自棄に眩しすぎて目が痛い
気分とは裏腹に元気な太陽
狭い部屋の扉を閉めミイラみたい
強すぎる日差しを拒んでいる

こんな日々が続くなら神様だって信じたいね
ずっとずっと昔に書いた手紙はまだあの本の栞のままだ

満月が昇る 昇る
夜が近づく 一等星より眩しい光
光る 光る
光を借りて 太陽の光を借りて照る

大好きなお月様 優しい光だ
昼に眠る僕を照らしてよ
大嫌いお陽様が月を照らす
ああ 勝ち負けに意味は無いけれど

満月が昇る 昇る
夜が近づく 一等星より眩しい光
光る 光る
光を借りて 太陽の光を借りて照る

ラブリーサマーちゃんと月の光り方と歌詞について

以上がラブリーサマーちゃん 月の光り方の歌詞です。

  • ラブリーサマーちゃんの楽曲一覧はこちらから
  • 月の光り方関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ラブリーサマーちゃん 月の光り方の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。