つかさ学 泣かせて 歌詞

つかさ学 泣かせての歌詞を提供しています。 『泣かせて』とはつかさ学さんが2016/11/02に発売された楽曲です。

泣かせて 歌詞

曲名:泣かせて

発売日:2018/3/4

歌手:つかさ学

作詞:つかさ学

作曲:つかさ学

月日がたてば なおさらに
逢いたさばかり 募(つの)ります
匂い優しい 石楠花(しゃくなげ)の
小径(こみち)に消えた 後ろ影……
風に舞い散る 花よりもなお
儚(はかな)いものです 幸せは
泣かせて 泣かせて 今夜だけ
涙が胸に 溢れます

駅前角(かど)の カフェテラス
あなたが今も 待つようで
瞳閉じれば いつだって
私に笑顔 くれる人……
咲いてひと時 花よりもなお
短いものです 幸せは
泣かせて 泣かせて もう少し
思い出そっと 抱きしめる

風に舞い散る 花よりもなお
儚(はかな)いものです 幸せは
泣かせて 泣かせて 今夜だけ
涙が胸に 溢れます

つかさ学と泣かせてと歌詞について

以上がつかさ学 泣かせての歌詞です。

  • つかさ学の楽曲一覧はこちらから
  • 泣かせて関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

つかさ学 泣かせての歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。