香西かおり ひとり夏祭り 歌詞

香西かおり ひとり夏祭りの歌詞を提供しています。 『ひとり夏祭り』とは香西かおりさんが1998/04/25に発売された楽曲です。

ひとり夏祭り 歌詞

曲名:ひとり夏祭り

発売日:2018/3/4

歌手:香西かおり

作詞:香西かおり

作曲:香西かおり

祭り囃子が 届く頃
想い出します 遠いひと
消えてはかない 初恋の
あなたどうして いるかしら
ほおずき綿菓子 夏祭り
今でもあなたが 好きなまま
わたし女に なりました

下駄の鼻緒が 切れかけて
あなたの腕に つかまった
肩がふれ合う そのたびに
私ひとりが ほほ染めた
縁日風鈴 夏祭り
今でもあなたを 想い出し
熱くなります この胸が

浴衣紅帯 下駄ばきで
祭り人ごみ 歩きます
うちわ片手に カラコロと
ゆけば昔に かえります
想い出ふるさと 夏祭り
あなたに会いたい もう一度
夜店ちょうちん 走馬灯

香西かおりとひとり夏祭りと歌詞について

以上が香西かおり ひとり夏祭りの歌詞です。

  • 香西かおりの楽曲一覧はこちらから
  • ひとり夏祭り関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

香西かおり ひとり夏祭りの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。