長保有紀 女の帰郷 歌詞

長保有紀 女の帰郷の歌詞を提供しています。 『女の帰郷』とは長保有紀さんが2016/11/02に発売された楽曲です。

女の帰郷 歌詞

曲名:女の帰郷

発売日:2018/3/4

歌手:長保有紀

作詞:長保有紀

作曲:長保有紀

手のうちに 残ったものなどないけれど
あなたに逢えて幸せでした
外した指輪 手紙を添えて
書棚に挟んでおきました
これで踏んぎり 着くのでしょうか
あ……心が 心が残る 女の帰郷

母さんに 涙もそろそろ枯れた頃
諦めどきと諭されました
二人が験を担いで買った
枯れない造花のバラの花
何の役にも立たなかったわ
あ……心が 心が残る 女の帰郷

ふるさとに とに角一度は帰らなきゃ
自分がみえず 落ち着きません
西陽が部屋の畳を染める
あなたの帰りを待たないで
顔を合わさず お暇(いとま)するわ
あ……心が 心が残る 女の帰郷

長保有紀と女の帰郷と歌詞について

以上が長保有紀 女の帰郷の歌詞です。

  • 長保有紀の楽曲一覧はこちらから
  • 女の帰郷関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

長保有紀 女の帰郷の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。