KRD8 花蝶願舞 歌詞

KRD8 花蝶願舞の歌詞を提供しています。 『花蝶願舞』とはKRD8さんが2016/11/01に発売された楽曲です。

花蝶願舞 歌詞

曲名:花蝶願舞

発売日:2018/3/4

歌手:KRD8

作詞:KRD8

作曲:KRD8

月の雫 憂いの雨に樹々は芽吹き 花を咲かす
向かい風乗りこなして 鳥達は飛び立っていく
叶わぬことばかり多き世も
運命(さだめ)とせず闘ってみましょう
希望を映す瞳で世界中を拓いてみましょう
明けぬ闇切り裂いて

重なる傷跡が 響き合う度強まる
確かなその絆 信じて
熱き声援を背に受けて

果てぬ夢を纏い舞い踊れ
羽根広げ煌めく蝶のように
集いし願い光にして
凛と燃えゆく火よ舞い上がれ
この身焦がしながら天へと
ひとひらの愛胸に抱きしめ
咲き誇りゆく命が
輝くまま踊り続けて

風薫りし麗らかな春 蝉時雨逞しき夏
秋高く澄んだ夜空 冬化粧浮かぶ山
儚きものばかり美しく
輝くならそうあってみましょう
歓び浮かぶ刹那が魅せる瞬間(とき)を愛してみましょう
泡沫に身を任せ

踏み出す足跡が紡いでいく旋律
拙き想いごと奏でて
至情の歌声を響かせて

果てぬ夢をキラリ舞い踊れ
花粉(たね)を運びし舞う蝶のように
集いし願い光当てて
真に溶け合うように舞い上がれ
迷いなき御霊で天へと
玉響(たまゆら)の愛永久に連ねて
咲き乱れゆく命が
散り逝くまま踊り続けて

天上天下に 刻みし舞いを

心揺らし舞い踊れ
祈込めて舞い踊れ

果てぬ夢を纏い舞い踊れ
羽根広げ煌めく蝶のように
集いし願い光にして
凛と燃えゆく火よ舞い上がれ
この身焦がしながら天へと
ひとひらの愛胸に抱きしめ
咲き誇りゆく命が
輝くまま踊り続けて

KRD8と花蝶願舞と歌詞について

以上がKRD8 花蝶願舞の歌詞です。

  • KRD8の楽曲一覧はこちらから
  • 花蝶願舞関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

KRD8 花蝶願舞の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。