ファンキー加藤 Ring a Bell 歌詞

ファンキー加藤 Ring a Bellの歌詞を提供しています。 『Ring a Bell』とはファンキー加藤さんが2016/11/02に発売された楽曲です。

Ring a Bell 歌詞

曲名:Ring a Bell

発売日:2018/3/4

歌手:ファンキー加藤

作詞:ファンキー加藤

作曲:ファンキー加藤

耳をかき回す 不快な車のクラクション
いらだつ心を撒き散らかすように
街角に立つ いつかのストリートミュージシャン
希望ノmelodyガ届カナイヨ

震える声が西の空 沈んでしまうなら
言葉よりも確かな想いを握りしめて

ほら 大きな鐘の音を鳴らせ 鳴らせ 遠くまで
その生命を叩き続けて
星のように光る夢は きっとひとつだけじゃない
見渡す限りの未来へ響かせていくよ

みんな急ぎ足で すれ違いばかりの交差点
ドウシテソンナニ強ク生キラレルノ?

どれだけ両手伸ばしたって繋がらないなら
胸に当てて 深く息を吸い込んだら

今 大きな鐘の音を鳴らせ 鳴らせ 遠くまで
孤独に揺れる夜を越えて
愛を求め唄うのは きっと一人だけじゃない
東の空から聞こえるよ 温かいハーモニーが

街の喧騒の中でも
振り向いてくれると信じて
I will ring a bell. Here come the swells.
まだ終われない

ほら 大きな鐘の音を鳴らせ 鳴らせ 遠くまで
その生命を叩き続けて
星のように光る夢は きっとひとつだけじゃない
見渡す限りの未来へ 響かせていくよ

僕らを奏でよう

ファンキー加藤とRing a Bellと歌詞について

以上がファンキー加藤 Ring a Bellの歌詞です。

  • ファンキー加藤の楽曲一覧はこちらから
  • Ring a Bell関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ファンキー加藤 Ring a Bellの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。