磯崎みお なごり雪 歌詞

磯崎みお なごり雪の歌詞を提供しています。 『なごり雪』とは磯崎みおさんが2016/10/19に発売された楽曲です。

なごり雪 歌詞

曲名:なごり雪

発売日:2018/3/4

歌手:磯崎みお

作詞:磯崎みお

作曲:磯崎みお

汽車を待つ君の横で僕は
時計を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる
東京で見る雪はこれが最後ねと
さみしそうに君がつぶやく
なごり雪も降る時を知り
ふざけすぎた季節のあとで
今 春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった

動き始めた汽車の窓に顔をつけて
君は何か言おうとしている
君のくちびるがさようならと動くことが
こわくて下を向いてた
時がゆけば幼ない君も
大人になると気づかないまま
今 春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった

君が去ったホームにのこり
落ちてはとける雪を見ていた
今 春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった

磯崎みおとなごり雪と歌詞について

以上が磯崎みお なごり雪の歌詞です。

  • 磯崎みおの楽曲一覧はこちらから
  • なごり雪関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

磯崎みお なごり雪の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。