松任谷由実 星になったふたり 歌詞

松任谷由実 星になったふたりの歌詞を提供しています。 『星になったふたり』とは松任谷由実さんが2016/11/02に発売された楽曲です。

星になったふたり 歌詞

曲名:星になったふたり

発売日:2018/3/4

歌手:松任谷由実

作詞:松任谷由実

作曲:松任谷由実

私はさみしかっただけ
あなたは遊びたかっただけ
二度と会わなくなったって よかった

けれど 星屑が回り
虹色の泡が降って
突然 迷子になっていた

あのイントロが響いたら
思わず手をとりあった
周りのすべてが 消え去って
もう離れたくない ふたりは恋に落ちた

私は夢見てたかった
あなたは違う夢見てた
思えば あの日が最後の夜だった

いつか 星屑は止まり
くすんだ欠片になって
どこかへ散ってしまっていた

あのイントロを聞くたびに
思わず耳ふさいだ
恥ずかしいくらい 懐かしい
でも忘れたくない ふたりは星になった

星になった そしていつか きっと同じ 夢を見るの

あのイントロが響いたら
思わず手をとりあった
周りのすべてが 消え去って
もう離れたくない ふたりは恋に落ちた

あのイントロを聞くたびに
心は飛んでゆくの
恥ずかしいくらい 懐かしい
でも忘れたくない ふたりは星になった

光ってあなたに 光って 私に

松任谷由実と星になったふたりと歌詞について

以上が松任谷由実 星になったふたりの歌詞です。

  • 松任谷由実の楽曲一覧はこちらから
  • 星になったふたり関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

松任谷由実 星になったふたりの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。