松任谷由実 残火 歌詞

松任谷由実 残火の歌詞を提供しています。 『残火』とは松任谷由実さんが2016/11/02に発売された楽曲です。

残火 歌詞

曲名:残火

発売日:2018/3/4

歌手:松任谷由実

作詞:松任谷由実

作曲:松任谷由実

降り続く雨の 彼方の空遠く
時折瞬く ストロボのような雲
あれは花火 それとも夢
消し忘れた残火
どこかでまだ 私のこと呼んでいるの

いつか きみに会いたい
せめて もう一度
きみの 声が聞きたい
いつか きみに会いたい

やがて雨粒は 激しく地を叩く
まるで子供たちが 遊ぶ声のように
もう会えない そんなことは
わかっているはずなのに
ふりかえれば そこにきみが今もいるの

いつか きみと会いたい
愛は 消えない
なぜか どうしようもなく
いつか きみと会いたい

いつか きみに会いたい
せめて もう一度
きみの 声が聞きたい
いつか きみに会いたい

いつか きみと会いたい
愛は 消えない
なぜか どうしようもなく
いつか きみと会いたい

いつか きみに会いたい
いつか かならず
いつか 時を超えて
いつか きみに会いたい

松任谷由実と残火と歌詞について

以上が松任谷由実 残火の歌詞です。

  • 松任谷由実の楽曲一覧はこちらから
  • 残火関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

松任谷由実 残火の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。