松任谷由実 Sillage~シアージュ 歌詞

松任谷由実 Sillage~シアージュの歌詞を提供しています。 『Sillage~シアージュ』とは松任谷由実さんが2016/11/02に発売された楽曲です。

Sillage~シアージュ 歌詞

曲名:Sillage~シアージュ

発売日:2018/3/4

歌手:松任谷由実

作詞:松任谷由実

作曲:松任谷由実

夏の 微笑み
なぜ すぐにまた 会えるのに
何かが変わってしまったのね

時の 残り香
まだ 陽は高く耀いて
傾く気配もないままに

風に舞うバンダナを追いかけて

海の底のような空
吸い込まれる私たち
滲んでゆく文字のように
何も言わないで 手をつないでいて

秋の ささやき(shadow of your smile)
見落とすことも出来たのに
心が気づいてしまったから

すれ違うジェット機のロザリオ

深い意味はなかったの
過去みたいにきこえたら
ふと言葉に乗せたとき
みんなつかめない 雲のように溶け

海の底のような空
吸い込まれる私たち
滲んでゆく文字のように
何も言わないで 手をつないでいて

松任谷由実とSillage~シアージュと歌詞について

以上が松任谷由実 Sillage~シアージュの歌詞です。

  • 松任谷由実の楽曲一覧はこちらから
  • Sillage~シアージュ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

松任谷由実 Sillage~シアージュの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。