松任谷由実 宇宙図書館 歌詞

松任谷由実 宇宙図書館の歌詞を提供しています。 『宇宙図書館』とは松任谷由実さんが2016/11/02に発売された楽曲です。

宇宙図書館 歌詞

曲名:宇宙図書館

発売日:2018/3/4

歌手:松任谷由実

作詞:松任谷由実

作曲:松任谷由実

棚の隅に眠っていた 遠い日々の贈り物
今 私が開くように あなたがのこしたメッセージ
光りの塵 射し込む窓 ほおづえつき 読みだせば
目を覚ました文字たちが 踊り始める

夢の中のあなたは あの日と変わらず
まだ幼い私を抱きしめてくれる
いつのまにか眠っていた 冬の午後は過ぎてゆく
ただ 涙の跡だけを ページに記して

夢の中であなたは なつかしい服着て
忘れていた未来を教えてくれる

棚の隅に戻しておこう 遠い日々の宝物
愛の心失くしたとき 取り出せるように

いつの日にか また逢えたら 微笑むように

松任谷由実と宇宙図書館と歌詞について

以上が松任谷由実 宇宙図書館の歌詞です。

  • 松任谷由実の楽曲一覧はこちらから
  • 宇宙図書館関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

松任谷由実 宇宙図書館の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。