大貫妙子 PATIO 歌詞

大貫妙子 PATIOの歌詞を提供しています。 『PATIO』とは大貫妙子さんが1999/06/23に発売された楽曲です。

PATIO 歌詞

曲名:PATIO

発売日:2018/3/4

歌手:大貫妙子

作詞:大貫妙子

作曲:大貫妙子

白い花が水に落ちて香る
小枝にはメルロー戯れ遊ぶ

ああ あなたは変わらぬまま振り返る

太陽は高く日時計まわる
かわいた白壁光が踊る

風は舞い涙のあとが冷たい

誰も知らぬふたりだけの
愛は閉されて燃えあがる

落ちる日が最後の薔薇にまとわる

時をへだて愛しつづけ
庭にふりそそぐしあわせよ

大貫妙子とPATIOと歌詞について

以上が大貫妙子 PATIOの歌詞です。

  • 大貫妙子の楽曲一覧はこちらから
  • PATIO関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

大貫妙子 PATIOの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。