Maison book girl film noir 歌詞

Maison book girl film noirの歌詞を提供しています。 『film noir』とはMaison book girlさんが2015/09/23に発売された楽曲です。

film noir 歌詞

曲名:film noir

発売日:2018/3/4

歌手:Maison book girl

作詞:Maison book girl

作曲:Maison book girl

意味ないんだよ全て。最後の言葉。
思い出せない程忘れてゆくの。
手をつないだ場所は雨の水色。
二人乗る電車はどこに迷い込むの?

伝えたい事なんて一つもないの。
小さな手のひらをただ握ってた。
未来なんて無いのは知っていたから。
窓に見える景色、黒と虹色。

錠剤を飲んで煙の中。
涙も涸れた、道路の上。

透明な君を抱きしめてたんだ。
疑心暗鬼の中、それはどこにあるの?
消えそうな君を、抱きしめてたんだ。
疑心暗鬼だけがそこに残る秘密なの?

濡れた髪の匂い忘れたくても、
そこに残る影が何か語るの。
虹色と黒色混ざってゆくの、
見た事も無い色僕を消してく。

正しい事は森の奥へ。
逃げてばっかりで。この白い部屋で。

折れそうな君を、抱きしめてたんだ。
疑心暗鬼の中、傷をつけた。朝に。
それでもずっと、抱きしめてたんだ。
疑心暗鬼だけがここに残る記憶なの。

Maison book girlとfilm noirと歌詞について

以上がMaison book girl film noirの歌詞です。

  • Maison book girlの楽曲一覧はこちらから
  • film noir関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Maison book girl film noirの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。