松任谷由実 あなたに会う旅 歌詞

松任谷由実 あなたに会う旅の歌詞を提供しています。 『あなたに会う旅』とは松任谷由実さんが2016/11/02に発売された楽曲です。

あなたに会う旅 歌詞

曲名:あなたに会う旅

発売日:2018/3/4

歌手:松任谷由実

作詞:松任谷由実

作曲:松任谷由実

セーターで拭いたガラスを流れる景色
きらきら粉雪踊ってる
今は寂れた駅を見送りながら
あなたを思い出してる

憎らしい顔つくって 窓に映した
ときどきひどい喧嘩をした
こんな私のことも好きだと言った
あなたが 無性に恋しい

時の列車は走る なつかしい歌を乗せて
時はただ先へ進んでゆく
忘れることも忘れて

いつからゆられているか 覚えていない
いくつも トンネル抜けてきた
もしも終着駅があるとするなら
それはいつのことだろう

時の流れを止めて あふれる涙を止めて
時はただ先へ進んでゆく
忘れることも忘れて

松任谷由実とあなたに会う旅と歌詞について

以上が松任谷由実 あなたに会う旅の歌詞です。

  • 松任谷由実の楽曲一覧はこちらから
  • あなたに会う旅関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

松任谷由実 あなたに会う旅の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。