Maison book girl blue light 歌詞

Maison book girl blue lightの歌詞を提供しています。 『blue light』とはMaison book girlさんが2016/03/30に発売された楽曲です。

blue light 歌詞

曲名:blue light

発売日:2018/3/4

歌手:Maison book girl

作詞:Maison book girl

作曲:Maison book girl

秋に降る雪を眺めて、光の中にあった小さなノイズ探して、忘れ物探す。
1年前の事を思う。夢じゃないの?古く新しい季節は、いつかの日々で。

まるでそれは温かな煙、許されるの?
部屋の中で手のひらの影を眺めて、変わらないで。

水色は嘘でもいい。透明な夜は繰り返してく。
あの冬は、殺せばいい。
その空は、扉の隙間からこぼれだす。

二人、その扉の秘密。雨の中、約束。
叶わなかったのか、誰も知らない。

冷えた道路、白が積もる部屋、鳴らない音。
2年後とか、美しい嘘を時計台は知っていたの?

水色は嘘つきで。線の中昨日は消してゆくの。
あの夜は、殺せばいい。
忘れ物、触れた指から春が溢れ出す。

Maison book girlとblue lightと歌詞について

以上がMaison book girl blue lightの歌詞です。

  • Maison book girlの楽曲一覧はこちらから
  • blue light関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Maison book girl blue lightの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。