Maison book girl bed 歌詞

Maison book girl bedの歌詞を提供しています。 『bed』とはMaison book girlさんが2016/03/30に発売された楽曲です。

bed 歌詞

曲名:bed

発売日:2018/3/4

歌手:Maison book girl

作詞:Maison book girl

作曲:Maison book girl

ベッドの上のぬいぐるみ。汚れた小さな手のひら握って。
自転車に乗って僕らは、懐かしい坂道の途中うずくまったまま。

誰も知らない夏の日、日差しが夢を溶かしてく。
廊下の静けさ冷たい。まだ今、その思い出?

誰も信じれないままで、叶わないのに追いかけるの。疲れて。
何故優しくしてしまうの?あの事忘れないでまた傷つけてゆく。

青色、シーツ崩れた。少女の汚れと吐き気と。
何度失えば気付くの?流れた血を見ていた。

コップとナイフの秘密は、ホテルのカーテンの裏の寂しさ。
二つの鍵の意味は無く、白い日、全てを壊した、電話の声に。

優しさやレインコート。
雨も無い部屋の中で悲しみだけ溢れ出した。
一つのベッドさよなら。

Maison book girlとbedと歌詞について

以上がMaison book girl bedの歌詞です。

  • Maison book girlの楽曲一覧はこちらから
  • bed関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Maison book girl bedの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。