新沼謙治 東京ラプソディ 歌詞

新沼謙治 東京ラプソディの歌詞を提供しています。 『東京ラプソディ』とは新沼謙治さんが1995/12/21に発売された楽曲です。

東京ラプソディ 歌詞

曲名:東京ラプソディ

発売日:2018/3/4

歌手:新沼謙治

作詞:新沼謙治

作曲:新沼謙治

花咲き花散る宵も
銀座の柳の下で
待つは君ひとり君ひとり
逢えば行くティールーム
楽し都 恋の都
夢のパラダイスよ 花の東京

現(うつつ)に夢見る君の
神田は想い出の街
いまもこの胸にこの胸に
ニコライのかねも鳴る
楽し都 恋の都
夢のパラダイスよ 花の東京

明けても暮れても歌う
ジャズの浅草行けば
恋の踊り子の踊り子の
黒子(ほくろ)さえ忘られぬ
楽し都 恋の都
夢のパラダイスよ 花の東京

夜更けにひととき寄せて
なまめく新宿駅の
あのこはダンサーかダンサーか
気にかかるあの指輪
楽し都 恋の都
夢のパラダイスよ 花の東京
楽し都 恋の都
夢のパラダイスよ 花の東京

新沼謙治と東京ラプソディと歌詞について

以上が新沼謙治 東京ラプソディの歌詞です。

  • 新沼謙治の楽曲一覧はこちらから
  • 東京ラプソディ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

新沼謙治 東京ラプソディの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。