大川栄策 新宿情話 歌詞

大川栄策 新宿情話の歌詞を提供しています。 『新宿情話』とは大川栄策さんが1995/12/21に発売された楽曲です。

新宿情話 歌詞

曲名:新宿情話

発売日:2018/3/4

歌手:大川栄策

作詞:大川栄策

作曲:大川栄策

新宿は 西口の
間口五尺の ぽん太の店が
とうとうつぶれて 泣いてるヒロ子
三畳一間でよかったら
ついておいでよ ぼくんちに

東京は 広いから
親も故郷も 知らない人が
ヒロ子の他にも いっぱいいるさ
泣くのはいいけど 泣いたなら
ぼくの笑顔が 見えなかろう

これからは どうなるの
赤いランプの 最終電車
しょんぼり見送る ヒロ子の涙
風呂敷包を 中にして
つなぐ手と手に 霧がふる

大川栄策と新宿情話と歌詞について

以上が大川栄策 新宿情話の歌詞です。

  • 大川栄策の楽曲一覧はこちらから
  • 新宿情話関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

大川栄策 新宿情話の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。