Maison book girl Remove 歌詞

Maison book girl Removeの歌詞を提供しています。 『Remove』とはMaison book girlさんが2015/09/23に発売された楽曲です。

Remove 歌詞

曲名:Remove

発売日:2018/3/4

歌手:Maison book girl

作詞:Maison book girl

作曲:Maison book girl

悲しい事は全部、正しい事に気付いた。
あの日の朝4時に見ていた景色忘れてく。

流した涙全部手のひらで掬っても、
何も無かったなんて、知られないまま過ぎてゆく。

それは誰も知らないの。夢の中では無くして。
苦し紛れの嘘とか。きっと救われない。

いつかの声を聴かせて。
くらやみの中、耳澄ませて。
夜が明けてく町並み。2人を照らす光の隙間に。

壊したことはきっと、意味の無い暴力で。
冷めた目が突き刺す。目の前の色消し去った。

叶えたかった夢とか。感じた事も無かった。
イメージだけが廻るよ。屋上から見てた。

雨はもう止んで空には、灰色の雲が傘を刺す。
くだらない現実のなか、僕たちは何を求めているの?

Maison book girlとRemoveと歌詞について

以上がMaison book girl Removeの歌詞です。

  • Maison book girlの楽曲一覧はこちらから
  • Remove関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Maison book girl Removeの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。