Maison book girl last scene 歌詞

Maison book girl last sceneの歌詞を提供しています。 『last scene』とはMaison book girlさんが2015/09/23に発売された楽曲です。

last scene 歌詞

曲名:last scene

発売日:2018/3/4

歌手:Maison book girl

作詞:Maison book girl

作曲:Maison book girl

夢の最後の瞬間を、今も震えて思い出す
それは明け方5時過ぎで、そこに光はもう無かったの?
水は流れ続けていて、指を柔らかく繋いだ
狭いその場所は優しく、戻らない匂いを感じてた

深夜の煙が揺らいでいた
その顔に匂いを染み付けたよ

それも全て忘れてしまったの?
僕らの夢はいつも叶わない。きっと。

窓の外はとても青い。冷めた体を見つめてた。
消えた段ボールの箱は、何故か不安を呼び込んで

鍵が開く音に目を覚ます
日々はもう、泉のとても深くへ

枯れて流れないないの これからずっと。
白いタオルはもう消えてゆくの。ねぇ。

それも全て忘れてしまったの?
僕らの夢はいつも叶わない。
枯れて流れないないの これからずっと。
白いタオルはもう消えてゆくの。ねぇ。

Maison book girlとlast sceneと歌詞について

以上がMaison book girl last sceneの歌詞です。

  • Maison book girlの楽曲一覧はこちらから
  • last scene関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Maison book girl last sceneの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。