星輝子(松田颯水) PANDEMIC ALONE 歌詞

星輝子(松田颯水) PANDEMIC ALONEの歌詞を提供しています。 『PANDEMIC ALONE』とは星輝子(松田颯水)さんが2016/10/26に発売された楽曲です。

PANDEMIC ALONE 歌詞

曲名:PANDEMIC ALONE

発売日:2018/3/4

歌手:星輝子(松田颯水)

作詞:星輝子(松田颯水)

作曲:星輝子(松田颯水)

暗く澱んだ日陰で こっそり育てた気持ち
独りきりは 一人だけじゃない…だから
ジメりジメり 隅に縮こまる身で
地味に闇に 灯る蝋燭のように
深く刻む 想イノタケの言葉 タケの鼓動を

吹き荒れる胞子 爆風に乗せろ
虚空の果てまで 撒き散らしたら

Buster 混沌を抱いて こんな地球を巡って
どうだい ともにGo to hell 始めようか
Thunder 咆哮よ響け 答えなど捨てた
境界超えてPandemic 止められない

みんな優しいトモダチ 根っこで繋がる気持ち
飾りつける なんて難しい…だから
ヌメりヌメり 通い流れゆく血に
伝えきれない 意思をたくさんに秘めて
うまく言えない つまり重ネルダケの ダケの子でいい

泣き叫ぶ魂 限界まで燃やせ
牙を剥いてさあ 噛み砕いてやれ

Buster 本能のままで どんな思念も混ぜて
崩壊してるDestiny 悪くはない
Fever 暴走を放て 逆さまの世界に
壮大すぎるRequiem 奏でようか

Alone…鬼畜どもさえイマ
Alone…孤独を抱えている 届くように叫べ

We Ahhh!!! 魑魅魍魎 冗談みたいに奇怪さ
どうだい ともにGo to hell 楽しもうぜ
Hyahha!!! 咆哮よ響け 答えなど捨てた
境界超えてPandemic 止められない
此処に集えLoneliness

星輝子(松田颯水)とPANDEMIC ALONEと歌詞について

以上が星輝子(松田颯水) PANDEMIC ALONEの歌詞です。

  • 星輝子(松田颯水)の楽曲一覧はこちらから
  • PANDEMIC ALONE関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

星輝子(松田颯水) PANDEMIC ALONEの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。