RETO 部屋物語 歌詞

RETO 部屋物語の歌詞を提供しています。 『部屋物語』とはRETOさんが2016/10/26に発売された楽曲です。

部屋物語 歌詞

曲名:部屋物語

発売日:2018/3/4

歌手:RETO

作詞:RETO

作曲:RETO

今何時だってつぶやけば 虚しく響くヒトリの部屋で
うずくまり、叫ぶ心の奥で

そんな僕にとっての君は
間違いなく手が届かない存在で
今日も想像で君を作って真似てみる
夜の街灯をスポットライトにして

モノクロの世界に色をくれた君へ
曇りのない思いを伝えたくて
パッとしない台詞をいくつも並べては
儚く間もなく消えていった…

最近はどこもかしこも 綺麗すぎるモノばかりだから
毒を吐いて汚す世界も自分も

理由もなくそうしてるのは
時代のせい?それとも君のせい?
冗談だ 今日も現実に目を向けて

恵まれてる知ってるでもわからず
ドロップアウトしたいけれど
まだ 望まれてる聞こえる声辿って
歩き出して行く

笑顔もない熱もない
そうなってしまう前に
曇りのない思いを伝えたくて

パッとしない景色を散々眺めては
記憶に残して
モノクロの世界でうずくまり叫んだ僕よ
今から行くからそこにいて
もうすぐ着くから待ってて 待ってて

RETOと部屋物語と歌詞について

以上がRETO 部屋物語の歌詞です。

  • RETOの楽曲一覧はこちらから
  • 部屋物語関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

RETO 部屋物語の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。