大江裕 赤城恋しや 歌詞

大江裕 赤城恋しやの歌詞を提供しています。 『赤城恋しや』とは大江裕さんが2016/10/26に発売された楽曲です。

赤城恋しや 歌詞

曲名:赤城恋しや

発売日:2018/3/4

歌手:大江裕

作詞:大江裕

作曲:大江裕

義理と人情を たすきに掛けて
郷里(くに)を追われた 上州鴉(がらす)
風の吹くまま 気の向くままに
行(ゆ)けば舞い散る 枯れ落葉
赤城恋しや 里恋し

右は越後路 左は木曽路
ここはわかれの 追分宿場(しゅくば)
道に咲いてる こぶしの花が
何処か似ている あの女(ひと)に
赤城恋しや 旅の空

縞(しま)の合羽が しぐれに濡れて
峠越えれば 旅籠(はたご)の灯り
根なし明日(あす)なし 行(ゆ)く宛(あて)なしに
帰る故郷は 遠いけど
赤城恋しや 母恋し

大江裕と赤城恋しやと歌詞について

以上が大江裕 赤城恋しやの歌詞です。

  • 大江裕の楽曲一覧はこちらから
  • 赤城恋しや関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

大江裕 赤城恋しやの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。