五十川ゆき 愛はさりげなく 歌詞

五十川ゆき 愛はさりげなくの歌詞を提供しています。 『愛はさりげなく』とは五十川ゆきさんが2016/10/26に発売された楽曲です。

愛はさりげなく 歌詞

曲名:愛はさりげなく

発売日:2018/3/4

歌手:五十川ゆき

作詞:五十川ゆき

作曲:五十川ゆき

「寂しいよ」なんて あなたに言ってみた
桜散る穢(けが)れなさが なぜだか 愛しくて
夜の川に ゆらゆら揺れて 泣けるくらい綺麗
それはきっと 移ろう日々を
寄り添い生きるふたり
何も云わず ほら手のひらが
そっと 肩を抱いてくれる
空よ 星よ ねえ 素敵でしょ
こんな風に時が過ぎる 愛はさりげなく

もどかしいことも 人生あるものね
この素肌(はだ)に沁みた涙 知るのは あなただけ
無精ひげが 背中にチクリ 笑うたびに痛い
春は過ぎて 夏 秋 冬へ
季節は 巡るけれど
どんな時も その手のひらが
そっと ぎゅっと抱いてくれる
雨よ 風よ ねえ 素敵でしょ
こんな風に時は過ぎる 愛に癒されて

何も云わず ほら手のひらが
そっと 肩を抱いてくれる
空よ 星よ ねえ 素敵でしょ
こんな風に時が過ぎる 愛はさりげなく

五十川ゆきと愛はさりげなくと歌詞について

以上が五十川ゆき 愛はさりげなくの歌詞です。

  • 五十川ゆきの楽曲一覧はこちらから
  • 愛はさりげなく関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

五十川ゆき 愛はさりげなくの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。