山本彩 幸せの欠片 歌詞

山本彩 幸せの欠片の歌詞を提供しています。 『幸せの欠片』とは山本彩さんが2016/10/26に発売された楽曲です。

幸せの欠片 歌詞

曲名:幸せの欠片

発売日:2018/3/4

歌手:山本彩

作詞:山本彩

作曲:山本彩

今にも消えそうな花火が 季節の終わりを告げるよ
綺麗だねって君は 寂しそうに少し笑う

時は惜しむ程すぐ 過ぎていくから
置いていかれないよう 手を繋ぎ歩く

幸せの欠片 君との日々に
散りばめられて光る
ひとつずつ手繰り寄せて
抱きしめていよう

突然降り出した夕立が 一瞬一秒急かすよ
「まだ帰りたくない」の言葉もかき消した

波を理由に 君の肩を抱き寄せ
そっとキスした海 二人だけの世界

幸せの欠片 数えることは
出来ない程の数
君がくれたその全て
僕の宝物

永遠という星が あるのなら
君を連れ 探しに行こう

幸せの欠片 君との日々に
散りばめられて光る
ひとつずつ手繰り寄せて
それを愛と呼ぼう
君を愛している

山本彩と幸せの欠片と歌詞について

以上が山本彩 幸せの欠片の歌詞です。

  • 山本彩の楽曲一覧はこちらから
  • 幸せの欠片関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

山本彩 幸せの欠片の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。