伊礼亮 わがままフォルクローレ 歌詞

伊礼亮 わがままフォルクローレの歌詞を提供しています。 『わがままフォルクローレ』とは伊礼亮さんが2016/10/26に発売された楽曲です。

わがままフォルクローレ 歌詞

曲名:わがままフォルクローレ

発売日:2018/3/4

歌手:伊礼亮

作詞:伊礼亮

作曲:伊礼亮

やっと出会えたんだ
雪の果てと新しい季節で足踏みした
本当に正しいか悩んでたけど待つ間が花だと振り切った
覚束ない夜更け
もう独りじゃないし
音(こころ)に決めた気持ちも嘘じゃない

シャラルララ
口遊んで秘密の合言葉
シャラルララ
高鳴る天(そら) 強く強く誓って
その手をぎゅっと掴まえた
子供のように君と居たい

静けさを忘れた夏の雲と懐かしい名前で指切りした
誰かと比べては落ち込んだけど
街道は今日も澄まし顔
坂を駆ける途中
まだ背伸びしたまま覗いた世界
きらめきに満ちてる

シャラルララ
口遊んで小さな愛しみも
シャラルララ
願いの種ひとつひとつ育てよう
笑ってちょっと泣きながら
子供のように君と居たい

シャラルララ
口遊んだ自分の生き様を守る為
悶えながらずっとずっと謳おう

シャラルララ
口遊んで秘密の合言葉
シャラルララ
待ち望んだ天気雨が降る中
その手を二度と離さない
百年後もそばに居てよ
…わがままかな

伊礼亮とわがままフォルクローレと歌詞について

以上が伊礼亮 わがままフォルクローレの歌詞です。

  • 伊礼亮の楽曲一覧はこちらから
  • わがままフォルクローレ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

伊礼亮 わがままフォルクローレの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。