iri 半疑じゃない 歌詞

iri 半疑じゃないの歌詞を提供しています。 『半疑じゃない』とはiriさんが2016/10/26に発売された楽曲です。

半疑じゃない 歌詞

曲名:半疑じゃない

発売日:2018/3/4

歌手:iri

作詞:iri

作曲:iri

曖昧だった 濁った空
嘘ばっか もう半疑じゃない
曖昧だった 濁った空
嘘ばっか もう半疑じゃない

毎日毎日同じことばっか
非難肯定否定もない
なんならコミュ障 お金もないし
不女子でキョドるし やる気もない
ふとして気づくと 誰もいない
朝なの夜なの 違いがない
それでも私は いつか消える
その日が迫る 予感が襲う

時々自分が他人くさい
全て捨て去って逃げてみたい
夜道を裸で駆けてみたい
なにも飾らず叫んでみたい
私はこれでいいですか
私はだれでもいいですか
私はいきてていいですか
夜が迫る 夜が迫る

深夜東京ダンスホール 光見つめ私は踊る
脳内胴体リズム体 これが私と叫びたい
笑われたって嫌じゃない
飽きられるほど踊りたい
私は私で意義がある 言葉にならない意義がある

曖昧だった 濁った空
嘘ばっか もう半疑じゃない
曖昧だった 濁った空
嘘ばっか もう半疑じゃない

iriと半疑じゃないと歌詞について

以上がiri 半疑じゃないの歌詞です。

  • iriの楽曲一覧はこちらから
  • 半疑じゃない関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

iri 半疑じゃないの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。