丸本莉子 誰にもわからない 歌詞

丸本莉子 誰にもわからないの歌詞を提供しています。 『誰にもわからない』とは丸本莉子さんが2016/12/21に発売された楽曲です。

誰にもわからない 歌詞

曲名:誰にもわからない

発売日:2018/3/4

歌手:丸本莉子

作詞:丸本莉子

作曲:丸本莉子

それは何でもないような一日
あの子が消えたこと以外は
急に親しかったような顔をして
大げさに嘆く人に なりたくなかった

ねぇ神様っていると思う?
救われる確率はみんなが平等?
どうでもいい願いを叶えては
最期に縋った手をまた振り払った

温(ぬる)い笑い声が近づく度
唇を噛んでた

誰にも分からない
なにが正しいかなんて
でもあの日夢を語っていた
あの顔ばかりが浮かんでくる

悲鳴のような踏切の音が
なぜか今日は耳に刺さった
その気もないくせに目を閉じては
横切る風と深い闇に怯えていた

踏み外さぬよう歩くことは
こんなにも難しいの?

誰にも分からない
なにを幸せと呼ぶ
でもあの日夢を語っていた
あの顔ばかりが浮かんでくる
あの顔ばかりが浮かんでくる

それは何でもないような一日
いつもの街が動き出した
忙しく行き交う 人ごみの中で
今もすれ違ったような気がしたんだ

丸本莉子と誰にもわからないと歌詞について

以上が丸本莉子 誰にもわからないの歌詞です。

  • 丸本莉子の楽曲一覧はこちらから
  • 誰にもわからない関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

丸本莉子 誰にもわからないの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。