河野玄太 Switch 歌詞

河野玄太 Switchの歌詞を提供しています。 『Switch』とは河野玄太さんが2016/06/08に発売された楽曲です。

Switch 歌詞

曲名:Switch

発売日:2018/3/4

歌手:河野玄太

作詞:河野玄太

作曲:河野玄太

甘く戯れた一昨日の夜を思い返して
キラキラ輝く水面に心をダブらせる
きっとコバルトブルーと白い砂浜に挟まれ
思い出したこの恋心 スイッチが入っているんだな

そっと指絡ませて ジワりジワり逼ってくる
とがらせた唇に負けそうだよ
どんなスタイルで受け止めるか
のらりくらり考えた秒も浅く
波にさらわれて 背伸びした君を迎えるよ

甘くみてた日差しの強さを見て見ないふりして
ゆっくり赤くなっていく肌に自分重ねる
きっとエメラルドブルーと波の音に包まれて
ガラにもなくナルシシズムのスイッチが入っているようだ

細い腕腰にまわし ジワりジワり近づいてくる
エアリーショートの香りでキマっちゃうよ
心の隙間空いてるとこ
不意に急に撫でてくれたから
海が凪いできて 君を抱き締めていたよ

全身日に焼けてきた午後に 終わりかけた恋の欠片が
LEDを通じて コネクトしようとするから
憂いが空を舞う

細く心絡ませて ジワりジワり逼ってくる
耳もとでささやく誓いが痛いよ
どんなスタイルで受け止めるか
のらりくらり考えた秒も浅く
波にさらわれて 背伸びした君を迎えたよ
白砂の孤島の上

河野玄太とSwitchと歌詞について

以上が河野玄太 Switchの歌詞です。

  • 河野玄太の楽曲一覧はこちらから
  • Switch関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

河野玄太 Switchの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。