亜咲花 ILLUMINA 歌詞

亜咲花 ILLUMINAの歌詞を提供しています。 『ILLUMINA』とは亜咲花さんが2016/10/26に発売された楽曲です。

ILLUMINA 歌詞

曲名:ILLUMINA

発売日:2018/3/4

歌手:亜咲花

作詞:亜咲花

作曲:亜咲花

終わりを思う瞬間
なぜだろう優しくなれる
儚さはすべての罪
引き連れて消えてゆくよ いま

私にも幕が下りると
目を閉じて待てば

ILLUMINA それは ILLUMINA 胸を
強く掻き立てる残像でも
ILLUMINA そして ILLUMINA 空に
希望の色を映した
この手で 扉を開けること
思い出させるようなILLUMINA

怖さとは痛みじゃない
見えないものへのためらい
犠牲を嘆いてもまだ
期待をやめない星の影

私にも順番が来る
ぎゅっと肩を抱いた

ILLUMINA それは ILLUMINA 呼吸
奪うほど綺麗な幻想
ILLUMINA せめて ILLUMINA 震え
止まるまでは輝いて
さよならと 旅立ちを繋ぐ
糸を手繰り進もう ILLUMINA

ILLUMINA それは ILLUMINA 胸を
強く掻き立てる光 いま
ILLUMINA 決して ILLUMINA 頬を
伝う涙で消えない
この手で 扉を開けること
思い出させてくれた ILLUMINA

亜咲花とILLUMINAと歌詞について

以上が亜咲花 ILLUMINAの歌詞です。

  • 亜咲花の楽曲一覧はこちらから
  • ILLUMINA関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

亜咲花 ILLUMINAの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。