大月みやこ 夢夜舟 歌詞

大月みやこ 夢夜舟の歌詞を提供しています。 『夢夜舟』とは大月みやこさんが1990/02/21に発売された楽曲です。

夢夜舟 歌詞

曲名:夢夜舟

発売日:2018/3/4

歌手:大月みやこ

作詞:大月みやこ

作曲:大月みやこ

夢の運河をgondola(こぶね)で 漕ぎだせば
月の光が 果実酒を ゆらす
甘い吐息を ベッドにこぼしたら
夜の深さに 溺れてしまう

男と女 漂いながら
まだ見ぬ国へ 流れてゆく

過去も未来も 抱いて 抱いてしまえば
寂しいだけの まぼろし
愛は不思議なきっと 生きものだから
飼いならすこと 出来ない

夢のどこかで はぐれてしまったら
やがて他人に またもどるだけ
浅い眠りを 背中で数えても
やせたRadio(ラジオ)が 喋べり続ける

男と女 辿(たど)り着いても
ひとつになんか なれないのに

時をさまよい そして そして 覚めれば
つかめぬままの かげろう
愛は自由が好きな 生きものだから
手なずけること 出来ない

過去も未来も 抱いて 抱いてしまえば
寂しいだけの まぼろし
愛は不思議なきっと 生きものだから
飼いならすこと 出来ない

大月みやこと夢夜舟と歌詞について

以上が大月みやこ 夢夜舟の歌詞です。

  • 大月みやこの楽曲一覧はこちらから
  • 夢夜舟関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

大月みやこ 夢夜舟の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。