山口百恵 スキャンダル(愛の日々) 歌詞

山口百恵 スキャンダル(愛の日々)の歌詞を提供しています。 『スキャンダル(愛の日々)』とは山口百恵さんが2015/02/11に発売された楽曲です。

スキャンダル(愛の日々) 歌詞

曲名:スキャンダル(愛の日々)

発売日:2018/3/4

歌手:山口百恵

作詞:山口百恵

作曲:山口百恵

窓辺の椅子の揺れ心地
古い壊れたオルゴール
ほんの 仮眠(うたたね)のじゃまをする

例えばあたりは若葉色
輝く汗のあなたがいる
今にも視線を反らしてゆく
夢をたどるもどかしさ
愛を語るはがゆさ
さかのぼる日々のつれづれを
軽い嘘で装うなら
愛はひとりでにしおれてゆく

なぜ あなたは ここにいないの?

例えば木立は枯葉色
背中をむけたあなたがいる
今にも視界がぼやけて来て
夢をたどるもどかしさ
愛を語るはがゆさ
さかのぼる日々のおりおりを
軽い嘘で飾るのなら
愛はひとりでにゆがんでゆく

なぜ あなたは ここにいないの?

夢をたどるもどかしさ
愛を語るはがゆさ
さかのぼる日々の記憶には
軽い嘘とメランコリー
愛はひとりでに壊れてゆく

なぜ あなたは ここにいないの?

山口百恵とスキャンダル(愛の日々)と歌詞について

以上が山口百恵 スキャンダル(愛の日々)の歌詞です。

  • 山口百恵の楽曲一覧はこちらから
  • スキャンダル(愛の日々)関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

山口百恵 スキャンダル(愛の日々)の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。