nano.RIPE ものがたり 歌詞

nano.RIPE ものがたりの歌詞を提供しています。 『ものがたり』とはnano.RIPEさんが2016/10/19に発売された楽曲です。

ものがたり 歌詞

曲名:ものがたり

発売日:2018/3/4

歌手:nano.RIPE

作詞:nano.RIPE

作曲:nano.RIPE

色褪せた看板が視界を塞ぐ ぼくらはこの世界の住人だ
複雑に入り組んだ路地裏の 曲がり角のその向こう

繋がりはヒトツ 名前はフタツ 暗い夜に丸まって眠るんだ
毛布の中にはおとぎ話 口癖を真似してさ 笑い合おう 笑い合おう

変わりたいはずなのに諦めて閉ざしていたぼくのことを
そっと抱きしめた ぎゅっと抱きしめた

コンクリートの足跡を辿る 正体を突き止めにいくんだ
雨上がりの匂いを吸い込み 宝物を抱えて歩いてる 歩いてく

伝えたいはずなのに飲み込んで震えていた小さな声
みんなキライだよ みんなキライだよ

傷つきながら生きてきた 壊されながら生きてきた
 きみは今そこから何を見ているの 痛みを教えておくれ

守りたいはずなのに守られて守ってるつもりでいたの

傷つけながら生きてきた 壊しながら生きてきた
この手を今大事なものを庇うため ただヒトツ守るために

二人きりで生きていく 二人きりで夢を見る
モノクロの世界に色を付けたなら 光る町に目を凝らそう

ココからすべてが見える

nano.RIPEとものがたりと歌詞について

以上がnano.RIPE ものがたりの歌詞です。

  • nano.RIPEの楽曲一覧はこちらから
  • ものがたり関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

nano.RIPE ものがたりの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。