寺田恵子 孤独な花火 歌詞

寺田恵子 孤独な花火の歌詞を提供しています。 『孤独な花火』とは寺田恵子さんが2016/10/19に発売された楽曲です。

孤独な花火 歌詞

曲名:孤独な花火

発売日:2018/3/4

歌手:寺田恵子

作詞:寺田恵子

作曲:寺田恵子

やけにほら 思い出とか すがりたくなる夜もあるよね
真夜中に一人きり叫び出したくなったり

色々な選択肢はどれも間違いみたいで
嗚呼‥消えそうな自分にケリ入れて

だって一度きりの人生だから
夢を見なきゃね 勿体無いでしょう
だから二度とはないこの瞬間を
輝かせないとね 笑ったもん勝ちでしょう
生命はみんな 孤独な花火だから 派手にいこうよ

矛盾とか不条理とか かかえたまま世界は今日も回る
うまくなんていかなくて当たり前な仕組みでしょ

だけど日はまた昇る ギリギリでも大丈夫
嗚呼‥ 我儘でホント御免なさい

だって一度きりの人生だから
夢を見なきゃね つまんなくなるでしょう
もっと見たことない景色が見たくて
気が付けば一人 荒野にたたずんでも
生命はみんな 孤独な花火だから 華やかに散れ

だって一度きりの人生だから
夢を見なきゃね 勿体無いでしょう
だから二度とはないこの瞬間を
輝かせないとね 笑ったもん勝ちでしょう
生命はみんな 孤独な花火だから 派手にいこうよ

寺田恵子と孤独な花火と歌詞について

以上が寺田恵子 孤独な花火の歌詞です。

  • 寺田恵子の楽曲一覧はこちらから
  • 孤独な花火関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

寺田恵子 孤独な花火の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。