奈良光枝、近江俊郎 愛の灯かげ 歌詞

奈良光枝、近江俊郎 愛の灯かげの歌詞を提供しています。 『愛の灯かげ』とは奈良光枝、近江俊郎さんが1996/09/21に発売された楽曲です。

愛の灯かげ 歌詞

曲名:愛の灯かげ

発売日:2018/3/4

歌手:奈良光枝、近江俊郎

作詞:奈良光枝、近江俊郎

作曲:奈良光枝、近江俊郎

住むに家なき 小鳩のわたし
雨に泣いてた 焼野原
やさしく呼んだ あなたの声に
ほのぼの咲いた 愛の花

小鳩可愛いや 小ちゃなねぐら
夜は悲しい 灯がともる
あの窓あたり われ待つ君の
面影いとし 並木みち

きのうあきらめ 今日また燃える
恋はせつない 紅あざみ
主ある君は 垣根の花よ
摘めばくるしい とげばかり

山のかなたに 待つ幸福を
きょうも尋ねる 愛の旅
黒髪甘く 夜露で濡れる
抱けば涙で 身もぬれる

奈良光枝、近江俊郎と愛の灯かげと歌詞について

以上が奈良光枝、近江俊郎 愛の灯かげの歌詞です。

  • 奈良光枝、近江俊郎の楽曲一覧はこちらから
  • 愛の灯かげ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

奈良光枝、近江俊郎 愛の灯かげの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。