sacra Bitter June 歌詞

sacra Bitter Juneの歌詞を提供しています。 『Bitter June』とはsacraさんが2002/05/25に発売された楽曲です。

Bitter June 歌詞

曲名:Bitter June

発売日:2018/3/4

歌手:sacra

作詞:sacra

作曲:sacra

6月になると 決まって思い出す
蒸し暑い恋を 細い腕に刻んでった
君の心の穴 掘り下げるようなマネしたりした僕に
雷雨は鳴り止むことはない

二重の大きな瞳に あの夏の二人が映るかい?
ヤニ臭い髪 よじれた愛し方に
I was smiling bitterly

狂って混じって 朝など来なくたっていい
疲れて眠った君の顔が 悲しみに満ちて歪む
嗚呼 言葉なくして多くを語る ひとすじ雨

ふたりぼっちなんて 金輪際いらないから
耽溺な日々と離れ ひとりきりを選ぼう

モノクロの記憶 今でも魘され目覚める
白い天井をしばらく眺めてた
I was smiling bitterly

二度とふたり許し合うこともないまま
永遠に消せない傷を引き連れてく
「償いなさい。そして、ひとつの恋を軽く見ないこと、いいね」

愚かな自分自身をいつも
誰かに押しつけ過ごしてきたばかりに
あだと痣になり増える
まとわりつくように犯される身体

時に強く愛されることさえ
邪魔に思えた 救いの手はない

狂って混じって 朝が来るのを待っているの?
疲れて眠った君の顔が 悲しみに満ちて歪む
嗚呼 言葉なくして今でも語る ひとすじ雨

sacraとBitter Juneと歌詞について

以上がsacra Bitter Juneの歌詞です。

  • sacraの楽曲一覧はこちらから
  • Bitter June関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

sacra Bitter Juneの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。