小山卓治 Once 歌詞

小山卓治 Onceの歌詞を提供しています。 『Once』とは小山卓治さんが1989/03/21に発売された楽曲です。

Once 歌詞

曲名:Once

発売日:2018/3/4

歌手:小山卓治

作詞:小山卓治

作曲:小山卓治

友達よ もし君が旅に出て
彼女に会ったら伝えてほしい
俺は相変わらず元気にやってると
あの時愛してるって言わなくてよかったと
明日ばかり見つめていた俺の事など
今日がすべてだった彼女には
わかるはずもなかった

橋の下で誰かが吹くサクソフォン
水辺に立ちそれを聞きながら
河の流れを見つめてる

彼女にとっての若さはいつだって勲章で
俺にとってはいつでも邪魔者だった
まるで永遠に続くかのように繰り返していた
彼女の笑顔や音楽が色褪せていく
今になってやっとわかり始めたんだ
あの頃俺達が本当に望んでた事

橋の下で誰かが吹くサクソフォン
水辺に立ちそれを聞きながら
河の流れを見つめてる

知ってるかい? パーティーはもう終ったんだ
彼女が気づかないままどこかの通りで
泣きながら踊ってるんじゃないかと気がかりだ

橋の下で誰かが吹くサクソフォン
水辺に立ちそれを聞きながら
河の流れを見つめてる

たあいない無邪気さや
張りつめた孤独や
くすんだ明るさや
的外れの怒りや
もろすぎる気高さや
擦り切れた絆に
もう2度と会えない

友達よ もし君が旅に出て
彼女に会ったら伝えて欲しい
俺は今日も忙しくやってると
もう会う事はないだろうと

小山卓治とOnceと歌詞について

以上が小山卓治 Onceの歌詞です。

  • 小山卓治の楽曲一覧はこちらから
  • Once関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

小山卓治 Onceの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。