サイダーガール 夢が醒めたら泡になる 歌詞

サイダーガール 夢が醒めたら泡になるの歌詞を提供しています。 『夢が醒めたら泡になる』とはサイダーガールさんが2016/10/12に発売された楽曲です。

夢が醒めたら泡になる 歌詞

曲名:夢が醒めたら泡になる

発売日:2018/3/4

歌手:サイダーガール

作詞:サイダーガール

作曲:サイダーガール

朝焼け照らす赤い空は
まるで絵に描いたようだった
まだ誰も居ない商店街抜けて
未来を探してる

ああ迷子のままで
淡い過去になる
夢が覚めたなら
さよならだ

壊れないように
抱きしめ続けたんだね
大丈夫 まだ歩いていけるかな
小さな呼吸で 喜びも悲しみも携えて
そっと手をとりあおう

夕映えの街ではねた髪に笑う
無邪気な君が
少しだけ俯いてまた大きな欠伸を真似た

ふわり ふわりと
シャボン玉が浮いて
触るとわれるなら
手を伸ばさず空に離そう

ああ幸せのままで
さめざめと泣けばいい
夢が覚めたなら
前を向く

壊れないように
抱きしめ続けたんだよ
大丈夫 まだ歩いていけるから
小さな呼吸で 喜びも悲しみも携えて
この旅を生きて行こう

われないように
傷つけぬように

サイダーガールと夢が醒めたら泡になると歌詞について

以上がサイダーガール 夢が醒めたら泡になるの歌詞です。

  • サイダーガールの楽曲一覧はこちらから
  • 夢が醒めたら泡になる関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

サイダーガール 夢が醒めたら泡になるの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。