サイダーガール ストロボ 歌詞

サイダーガール ストロボの歌詞を提供しています。 『ストロボ』とはサイダーガールさんが2016/10/12に発売された楽曲です。

ストロボ 歌詞

曲名:ストロボ

発売日:2018/3/4

歌手:サイダーガール

作詞:サイダーガール

作曲:サイダーガール

捲れたカーテンの隙間から
悲しみの雨と終わりのない夜を
途切れたイメージのその先に
またとない明日が待っているんだ

いつまで眠っているつもりだい?
空が呼んでいる

瞬いた星のライトが
まるでストロボのように
乱反射した青い涙が
灰色の夜を照らすまで
飛んでゆく 煌めく音色が
夜の隙間へ

捲れたカーテンの隙間から
悲しみの雨と光のない朝を
霞んだイメージのその先に
またとない明日が待っているんだ

いつしか目を閉じて
描いては消してを繰り返して
この薄暗い部屋でずっと
枯れないようにまた朝を待つ

とめどない日々を彷徨うように僕は息を潜める
五線譜の海に溺れる前に飛び出して

瞬いた星のライトが
まるでストロボのように
乱反射した青い涙が
灰色の夜を照らすまで
飛んでゆく 煌めく音色が
夜の隙間へ

サイダーガールとストロボと歌詞について

以上がサイダーガール ストロボの歌詞です。

  • サイダーガールの楽曲一覧はこちらから
  • ストロボ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

サイダーガール ストロボの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。