艶も酣 絶寵花 歌詞

艶も酣 絶寵花の歌詞を提供しています。 『絶寵花』とは艶も酣さんが2016/10/12に発売された楽曲です。

絶寵花 歌詞

曲名:絶寵花

発売日:2018/3/4

歌手:艶も酣

作詞:艶も酣

作曲:艶も酣

赤い赤い 血のように赤い
くちびる いやしく笑う
お前は誰なの 鏡の向こうで
あたしを見つめる お前は誰なの

ひび割れそうなほどに
ひとみは見開かれて
回転始めた あたしをはりつけに
ケタケタ笑ってる ソドムの宴

だんだん うずいて だんだん ひらいて うけいれてゆく
だんだん きづいて だんだん あばいて めざめてしまう

劣等感 劣等感 劣等感 ゆさぶって
絶寵花 絶寵花 絶寵花 きれい
劣等感 劣等感 劣等感 いたぶって
絶狂夜 絶狂夜 絶狂夜

だんだん うずいて だんだん ひらいて うけいれてゆく
だんだん きづいて だんだん あばいて めざめてしまう

艶も酣と絶寵花と歌詞について

以上が艶も酣 絶寵花の歌詞です。

  • 艶も酣の楽曲一覧はこちらから
  • 絶寵花関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

艶も酣 絶寵花の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。